So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年の梅仕事 [料理]

6月のことですが…
毎年恒例の梅干しと梅シロップ作り
今年もいっぱい漬けましたよ

梅シロップは梅4㎏に氷砂糖1㎏と酢600ccを入れました
梅シロップは炭酸水で割るとサッパリして美味しいです
これを作るようになってからは毎日晩酌したい旦那さんも平日(月〜木曜日)は休肝日にすることができるようになりました〜

氷砂糖が余ったので生姜シロップも作りましたよ
生姜シロップは様々なレシピがありましたが1番簡単なレシピで作りました
飲んでみたらちょっと甘ったるかったのでレモンも入れれば良かったかもと思いました
buブラックベリー2 001 - コピー (22).JPG


梅干しは3kgの梅を漬けました
何度も書いてますが梅干しは2008年から毎年欠かさず作っています
2007年夏に中古マンションを購入したので、ここで食生活を大切にしたりと暮らしを充実させようと梅干しを作り始めました
buブラックベリー2 001 - コピー (21).JPG

が、その後はご存知の通り、旦那さんが単身赴任したり家族で引越したり落ち着かず、食生活も出来合いのお惣菜やファストフード多し(←それは別問題か[たらーっ(汗)])の切ない暮らしを送ってます[ふらふら]

そして、これもまた同じことを繰り返し書いてますが、できた梅干し1瓶を半永久保存しています
TVの旅番組で年代物の梅干しを置く梅干し屋さんを見て、自分もヴィンテージ梅干しを作ろうとしているのです

ヴィンテージ梅干し計画は2009年スタートしたので2017年で9本目です
しかしアパートは保管場所がなく、もし自分がいなくなった時に梅干しの瓶がいっぱい発見されるのも恥ずかしいので2,3年前にやめるとブログに書いたところ、有難いことに続けた方がいいとのコメントを数名の方から頂きまして継続しています

因みに2009年の梅干しを時々食べるのですが美味しくないです(笑)
梅干しは半永久的に食べられるらしいので腐ってはないのですが、何かビミョーな味に変化(進化?)してるようです

更に話は続きますが、2010年からは梅干しの瓶のラベルはマヤちゃんの写真入りです
普段撮っているテキトーな写真を使ってるけど、一応ですが歴史を感じることができます
瓶に詰めてラベルを貼ったら、またアップしますね

パート先で日光とうがらしを頂いたので醬油漬けを作りました
ちょっとピリ辛ですが冷奴にのせたりして楽しんでます
buブラックベリー2 001 - コピー (13).JPG

長い長いナスも頂きましたよ
buブラックベリー2 001 - コピー (19).JPG

マヤちゃんの胴くらいありますね
煮びたしで食べましたが美味しかったです
蒸し暑い日々が続いてますがしっかり食べて夏を乗り切りたいですね
buブラックベリー2 001 - コピー (18).JPG



nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 4

きぃ

梅干し!
私は大好きなのですが
主人は食べないので
作るどころか買うことも無くなりました(;^_^A
実家の亡くなった祖母が毎年つけていて
何十年ものの梅干しがありましたが
ほとんど塩まみれでした(笑
by きぃ (2017-08-01 19:41) 

フロリダマナティー

きぃさん、こんばんは
梅干し、酸っぱいから苦手な方も多いですよね〜
何十年モノの梅干しって塩まみれになるんですか(゚o゚;;
1番うちで古いのは8年前のモノですが、塩まみれになるなら保存考えちゃうなぁ(笑)
by フロリダマナティー (2017-08-02 22:29) 

mayolica

手作り梅干しは大変ですが、やっぱり楽しいですよね。先日ブログで塩分6%の梅干しがしょっぱかった!という内容を書きましたが、減塩せずに3年ほどおいておくと、とても美味しくなると、友人が教えてくれました。2009年のものを味見したらいまいちだったというお話ですが、もしかしてヴィンテージものも3年くらいが食べ時なのでしょうか?
梅シロップも良いですが梅のアップルヴィネガー漬けも美味しいですよ~!酸味がきいておすすめです。

by mayolica (2017-08-03 10:24) 

フロリダマナティー

mayolicaさん、こんにちは
なるほど〜
ご友人の方のお話、興味深いです
3年前、2014年の梅干しを早速食べてみます!
いくら塩で漬けていると言っても古くなれば劣化してますよね
年代物の基準、素人には分かるものではないですが、何事も試すのは面白いです(o^^o)

アップルヴィネガー漬け、来年作ってみます
サッパリしてる方が私も好みなので楽しみです〜
by フロリダマナティー (2017-08-04 17:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0